東京のレコードショップ BASE のオンライン・ショップ:レコードショップベース QRコード

SVDESTADA / candela (LTD.200)|商品紹介

SHOPPING CART HOME ORDER/INFO CONTAT US LINK
NEW RELEASE / NEW ARRIVAL NEW RELEASE USED SALE
ITEM DETAILS
SVDESTADA/candela (LTD.200) アーティスト SVDESTADA
タイトル candela (LTD.200)
JPN
レーベル 3LA  
フォーマット CD \1980
登録日 (2024/02/05)
  ※デジパック仕様、200枚限定プレス!!
スパニッシュハードコアのSvdestadaの3rdアルバム『candela』が2024年3LAよりCDリリース!! 限定200枚プレス、デジパック仕様、歌詞日本語対訳付き!!
2度の来日も実現させたKhmerのボーカリストMario C. Vaisesらがスペイン・マドリードにて結成したSvdestadaは、エンジニアを務めるKollapse StudioのIván Ferro(ex.Ictus,Khmer)と再びタッグを組み、その結成から1年後に1stアルバム『Yo Soy El Mar 』を発表。2021年にはタンゴ要素も組み合わせ「スパニッシュネオクラストの更新」を図った傑作アルバム『Azabache』を完成させ、その勢いはまだまだ止みそうにない。そして、2023年にレコーディングが行われた3rdアルバム『candela』が遂に完成、2024年リリースとなる。

バンドサウンドこそスパニッシュネオクラスト、デスメタル、ポストメタル等の彼らなりのハードコア解釈によるミックス、というべき音だが過去の1st、2ndからの流れを見るに、アルバム毎に作られたテーマというものが見えてくる。本作はまさしく “内なる炎” とでも言うべき “赤” で統一されたジャケットアートワークに、多くの絶望と僅かなる希望が入り混じるこの現実世界と対峙する彼らの姿勢というものが見てとれる。プログレッシブな楽曲構造、哀愁メロディのドラマ性を強めた2ndから一点、本作ではブルータルな表現が強まりストレートさが増し、絶望、虚無・無力感、孤独... 心が抱える様々なネガティブを歌いながらも唯一人間が手放さない最後の闘志、内なる炎によって突き抜けるスパニッシュハードコアの強さを打ち出した、彼ららしい原点回帰の表現で貫かれる。まさにMario節とも言える詩的表現と、スペインのメタル・グラインドシーンの各方面に関わっているメンバー達の演奏が、バンドをさらに先へと推し進めた怪作。

CD/レコードのリリースは2024年2月5日、CDプレスに関しては200枚のみのデジパック限定仕様になります。日本盤のみ対訳が付属します。LP盤に関しては予約無し、リリース時に販売となります。Svdestada、そろそろ日本で観たくないですか...。
(インフォメーションより)

tracklist:
1.Nudo
2.Cierzo
3.Amargor
4.Efímero
5.Hilonegro
6.Sinvivir
7.Candela

 
- HOME - ORDER/INFO - CONTACT US - LINK - NEW RELEASE/NEW ARRIVAL - NEW RELEASE - USED - SALE - SHOPPING CART -
Copyright (C) 2008 Record Shop BASE, All rights reserved.
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-23-5 ACPビル3F
TEL:03-3318-6145 / FAX:03-3318-6150 / E-MAIL:base@recordshopbase.com
(このサイトの内容物の無断転載を禁じます)