東京のレコードショップ BASE のオンライン・ショップ:レコードショップベース QRコード

スピットボーイのルール (SPITBOY RULE) / 人種・階級・女性のパンク (日本語版)|商品紹介

SHOPPING CART HOME ORDER/INFO CONTAT US LINK
NEW RELEASE / NEW ARRIVAL NEW RELEASE USED SALE
ITEM DETAILS
スピットボーイのルール (SPITBOY RULE)/人種・階級・女性のパンク (日本語版) アーティスト スピットボーイのルール (SPITBOY RULE)
タイトル 人種・階級・女性のパンク (日本語版)
JPN
レーベル GRAY WINDOW PRESS  
フォーマット BOOK \1870
登録日 (2021/09/04)
  発売中!!
2016年頃に出版されたSPITBPOYのドラマーMichelle Cruz Gonzalesによる自伝『SPITBOY RULE: Tales of a Xicana in a Female Punk Band』(洋書)が、DEBACLE PATH ZINEやMDC自伝本翻訳判の出版でも知られるGray Window Pressより日本語版で登場!!

鈴木智士訳
カバーデザイン:大田まさ子
四六判並製224ページ
日本語

「私の身体は私のもの」をスローガンに、1990年代のアメリカで活動し、今日に至るまで世界中のパンクスに影響を与え続ける、メンバー全員女性のフェミニスト・ハードコア・パンク・バンドSpitboy(スピットボーイ)。そのドラマー、ミシェル・“トッド”・ゴンザレスの2016年発表の自伝の日本語版が登場。
ミドルクラス白人男性が支配的なアメリカのパンク・シーンにおいて、チカーナ(メキシコ系アメリカ人女性)として、ミソジニー、セクシズム、レイシズム、暴力に正面から立ち向かい、日本を含む世界中をツアーで駆け巡り、女性の居場所を創造し、またその過程で有色パンクとしてのアイデンティティを探求した、ひとりの女性パンクロック・ドラマーの苦闘の記録。

まえがき:ミミ・ティ・グエン、マーティン・ソロンデガイ(Los Crudos,Limp Wrist)
女性である「私」のパンク―解説に代えて:ERIKO(M.A.Z.E.)

目次より:
バンドはアイデンティティではない/ライオット・ガールのバンドじゃない/白人のクソ女を殺せ/パンク・ポイント/悪の華/The Threat―脅威―/パンクロック・ドラマーの女性版フィル・コリンズ/手を上げて出てこい/黙って演奏しろ/リトルロックへ行く/人種、階級、スピットボーイ/スピットボーイのルール/FishかFugaziか/ピート・ザ・ローディー/私の身体は私のもの/カート・コバーンが死んだ/最高の思い込み/ホームシックの処方箋/サウンドチェック、レズビアンたち、長いセット/荒い生存/日本人になる/スピットボーイ:創造の物語

本書に登場するバンド:Citizen Fish/Subhumans,Los Crudos,Fugazi,Econochrist,Paxston Quiggly,Crimpshrine,Nirvana,Green Day,Bikini Kill,Nation of Ulysses,Neurosis,Born Against,Amebix,Chino Horde,Kamala and the Karnivores,Bitch Fight,Instant Girl,Dead Kennedys,Gag Order,Cringer,An Apology Nature Ariseなど
 
- HOME - ORDER/INFO - CONTACT US - LINK - NEW RELEASE/NEW ARRIVAL - NEW RELEASE - USED - SALE - SHOPPING CART -
Copyright (C) 2008 Record Shop BASE, All rights reserved.
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-23-5 ACPビル3F
TEL:03-3318-6145 / FAX:03-3318-6150 / E-MAIL:base@recordshopbase.com
(このサイトの内容物の無断転載を禁じます)