東京のレコードショップ BASE のオンライン・ショップ:レコードショップベース QRコード

quiqui - Calendar(もう少しの暦) 限定アナログ盤LP!!

SHOPPING CART HOME ORDER/INFO CONTAT US LINK
NEW RELEASE / NEW ARRIVAL NEW RELEASE USED SALE
quiqui - Calendar(もう少しの暦) 限定アナログ盤LP!!

quiqui - Calendar(もう少しの暦) (LP) 税込\3300-
(JPN/UK / 3LA/Dog Knights Productions)

予約受付終了!!

※国内流通盤のみ、布パッチ+ダウンロードコード付!!

※限定カラー・ヴィニール!!(「White/Orange/Pink」「Bone」の2色。)
(「White/Orange/Pink」は予約受付終了)

※流通枚数が限られているため、予定数次第で予約受付終了とさせていただきます。ご希望にそえない可能性もございますので、予めご了承ください。ご予約はお早めに!!

2022年10月5日(水)発売予定!!

岐阜羽島から世界へ。静寂の2020年代に鳴り響く唯一のエモ・エクスペリメンタル・スクラムズ。
3LA -LongLegsLongArms Records-(JP)、Dog Knights Productions(UK)による日英レーベル共同リリース!! 2022年限定アナログ盤リリース!!

本作『もう少しの暦』のCD盤は2021年に先行リリースされていましたが、アナログ盤が2022年遂にリリースとなります。
作品のテーマ性を再現するLPのみの仕掛けがありますので、実際に聴いてみて確かめていただけたらと思います。そして国内流通盤のみ、布パッチ+ダウンロードコード付となります。また、A/B面の収録曲順について当初想定していたものと異なっており、そちらの経緯についてもステートメントを封入していますのでご一読ください。レコードでの再生は音の立ち上がりが違いますので、印象もかなり違ったものになると思います。是非爆音でSkramz Jazzしてください。
盤カラーはアルバムの世界観/ジャケットと共鳴するWhite/Orange/Pinkのミックスと、Bone(こちらは白&ピンクのラインのミックス)の2色ありますので、お好きなほうをお選びください。

岐阜県羽島にて2013年にスタートしたquiquiは、2枚のEPを経て、2018年には台北のDIYインディーミュージックフェス巨獸搖滾音樂祭への出演を果たし、書き下ろし新曲も収録された編集盤CD『町の鈴生り』をリリース。活動当初のエモ、スクリーモ、マスロックといった音楽性を未完成な若者の感性により消化して感情と共に吐き出した楽曲たちはどのような姿にも変わる可能性を持っていた。日本から失われつつある田舎的風景スケッチのような楽曲や、UKインディロックの系譜にある実験的精神を宿したミニマルミュージック。しかし本作はこれまでの全てを塗り替えた。
スタジオnostosにてレコーディング/ミックス/マスタリングまでして制作されたサウンドプロダクションはこれまでのEMOの標準を一気に押し上げることになるかもしれない。進化したバンドの音楽性を余すことなく表現された音の奥行き、深さ、そしてそこにある無音の空白までもが生々しく蘇る。今まさにバンドは彼らのシグネイチャーとなるであろう新たに手に入れたサウンドの確信とともに新境地に足を踏み入れようとしている。
激情ハードコア、と呼ばれるような音楽性の枠組みから遂に逸脱した彼らのサウンドを表現するとしたら、まさに「Skramz jazz」。先人への憧れを振り払い、自分たちの道を歩み始めた音がある。そして迸る狂気を内側に潜めながら綴られていくEMOの暦は、彼らの生活の軸足となるローカル、コミュニティ、ファミリーの絆と共にある。2020年代のEMOとして申し分ない究極の1stアルバムが完成したことを断言したい。
カバーアートワークは前作編集盤CDと同じく片桐水面氏、CD/LPの装丁をnabsLABが担当。2018年の編集盤CD『町の鈴生り』のリリース時、僕は「音に対し、ピュアで情熱的。そこに込められているエネルギーは決してEMO、激情、マスロック、そういったジャンルの中だけに閉じ込めておくべきではないし、彼等にはジャンルを超えていけるポップさ、つまりは普遍性も感じることができる。これから彼等がどこへ向かうのか、一緒に楽しもう。」と書いた。あれから約3年、コロナ禍により計画を何度も阻まれながら遂に完成にこぎつけた1stアルバム『もう少しの暦』は、あの時感じた僕の期待値の遥か先まで到達している。失うこと、変わることを恐れず、繰り返す日々の中で磨り減っていく自分自身の中に何を見出すのか。
(レーベルインフォより)

message from quiqui
敢えて言及することでもないですが
時代が少しずつ変わっているということです。
変わるということは恐れ多いながら
受け入れたり受け入れられなかったりするものです。
そんな出来事や傍観を何度も繰り返し
仲間や家族に支えられながら
ぽつぽつと紡ぎ出してきました。
その中で見つめてきた変わらないもの。
それがわたしたちをどこまでも強くしてくれる。
だからどれだけ疲れ果てても
わたしたちは活動できるのです。
この録音は2020年12月末のものです。
誰かの書斎から手に取るような
誰かの日記を覗き込むような
そんな身近な好奇心でこのアルバムを聴いていただければ
わたしたちも嬉しいです。
quiqui




※他の予約・ご注文商品との同梱希望の場合は、お取り置き期間2週間以内での精算でお願い致します。発売時期が2週間以上異なる商品との同梱はご遠慮させていただきます。何卒ご了承ください。
※ご予約後のキャンセルはご遠慮ください。

- HOME - ORDER/INFO - CONTACT US - LINK - NEW RELEASE/NEW ARRIVAL - NEW RELEASE - USED - SALE - SHOPPING CART -
Copyright (C) 2008 Record Shop BASE, All rights reserved.
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-23-5 ACPビル3F
TEL:03-3318-6145 / FAX:03-3318-6150 / E-MAIL:base@recordshopbase.com
(このサイトの内容物の無断転載を禁じます)